抜け毛を減らす洗髪方法

抜け毛を減らす洗髪方法

 ここ3年くらい髪を伸ばしていて、ストレートロングの長さを目指しています。1本あたりの髪の長さが長くなるにつれて、自分が床に落とした「抜け毛」が気になるようになってきました。同時に、髪のトップをふわっとふくらませるスタイルではないため、頭頂部がいつもペタンコで、もしかしたら頭頂部の抜け毛がひどいのではないか、頭頂部だけハゲてしまったらどうしよう・・・という悩みを抱えるようになりました。

 抜け毛を少しでも減らすため、どのように髪を洗ったらよいのか、具体的な洗髪方法についてインターネットで調べ、様々な方法を実践するようになりました。いろいろな洗髪方法を試して、最終的にこの2つの方法で調子よく過ごしているので、ご紹介したいと思います。

・2日に1回のペースで、湯シャンを取り入れる
あえて衝撃の大きな「湯シャン」から書いてみます。現在も、毎日の洗髪のうち、2日に1回を「湯シャン」でまかなっています。私にとって湯シャンはいいことづくめで、シャンプー代を減らせる、洗髪の手間が楽、洗いすぎないので頭皮が乾燥しない、という結果となっています。特に、帰宅が遅くて、丁寧に洗髪する時間のゆとりがなく、砂ぼこりをかぶったり、強い匂いのある所に行かないで済んだ日には、積極的に、お湯だけでの洗髪を取り入れています。

・一般的なシャンプー、コンディショナーを、「湯シャン」の応用として活用する
「泡を立てて、つつみこむように、やさしくふわふわと髪を洗いましょう」というのが、髪に優しい一般的な洗髪方法だと思います。しかし、私のシャンプー、コンディショナーでの洗髪方法は少し変わっていて、お湯を張った洗面器にシャンプーを溶かし、髪や地肌にくぐすだけで洗っています。つまり、コンディショナーを髪にかけるのと同じような方法で、お湯で割ったシャンプーで頭皮や髪を洗ってしまっています。

 体調や汚れ具合により、純粋にお湯だけの湯シャンだけでは、汚れの落ち方がイマイチだと感じる日が、時々あります。このような日に、シャンプーやコンディショナーで、少ししっかりめに汚れを落とすようにしています。入浴に、比較的、時間を取れる日に、ということでも、この洗髪方法を選ぶ日もあります。

 主にこの2つの方法で洗髪していますが、基本的な考えとして、「髪をいじりすぎない」ということを、私は重視しています。背中まで届くロングヘアでは、毛先の髪の毛は、何年も前から、ずっと自分と共にいてくれた髪の毛であるはずです。365日、毎日いじくり回せば回すほど、髪は物理的に傷んでくるはずです。ドライヤーの熱や風も、髪が傷む原因になりますが、洗髪で傷む原因を少しでも減らすために、「お湯、またはシャンプーを髪や頭皮にくぐすだけの洗髪法」を、取り入れています。これは、入浴中の洗髪時間を短くおさえる上でも、効果があります。今までの洗髪方法で納得いかない方、ぜひ、お湯にくぐすだけの洗髪方法も、取り入れてみてください。

 この方法で、ブラシにつく抜け毛、床に落ちている抜け毛が、目に見えて減ってきました。ロングヘアの方も、ショートヘアの方も、男性の方も、大切な髪を一本でも保つため、頭皮や髪をいじりすぎない洗髪法を、ぜひ試してみてください。

↑ PAGE TOP